Microsoft Teams ミーティングで Cortana を使う

Cortana Microsoft Teams Rooms で音声アシスタンスを使用すると、ユーザーは、会議への参加や終了、会議へのユーザーの追加、会議室からの番号の呼び出しをハンズフリーで行えるエクスペリエンスを提供できます。 ユーザーは、プッシュ対Cortana (アイコン) またはキーワード スポッティング (ハンズフリー) を使用して、Cortanaを操作できます。 

ヒント: 

  • コマンドを開始するには、"Cortana" または "Hey Cortana" と言います。 どちらも問題ありません。

  • コマンドを取り消す場合や、最初から操作を開始する場合は、"cancel" または "never mind" と入力することもできます。

  • ヘルプを表示Cortanaヘルプを表示する方法の一覧Cortanaします。

  • 詳細については、Microsoft 365 CortanaのCortanaを参照してください。 

Cortana Rooms で Microsoft Teams を呼び出す

[プッシュして話す] (Cortana アイコン)

キーワードをアクティブにリッスンする代わりに、Cortanaは、画面の左下隅にある [Cortana] アイコンを選択した場合にのみ有効になります。 コマンドを完了すると、マイクはオフになっていて、アイコンを選Cortanaします。

下Cortanaアイコン ボタンが黄色で強調表示されています。 

Cortana MTR で強調表示されているマイク

キーワード のスポッティング (ハンズフリー)

有効にすると、キーワード のスポッティングにより、ユーザーはハンズフリーのエクスペリエンスを利用できます。 [Cortana] ボタンを選択する代わりに、"Cortana" または "Hey Cortana" というキーワードで Cortana を呼び出Cortana。 キーワードはマイクをアクティブ化し、質問Cortana、"会議を開始" などのコマンドを言うようにします。 会話が完了すると、Cortanaアクティブリスニング モードに戻り、キーワードを言った場合にのみ再び呼び出されます。

音声のアクティブ化を有効にする場合は、 [その他のオプション] ボタン Rooms コンソールで [その他のMicrosoft Teams] に移動し、[オン] Cortanaをオンにします。  

[香港設定

Cortanaオンに切り替える

会議室会議に参加Microsoft Teams終了する 

Teams を使用して Microsoft Teams会議室から会議にCortana参加するには、"Cortana会議に参加してください" と言います。

香港で会議に参加する

会議が終了したら、「会議を終了Cortana」と言えます。 

会議室会議にユーザーをMicrosoft Teamsする

会議に番号を追加するには、"Cortana、会議に 555-222-3333 を追加します"。 連絡先を追加するには、"会議にCortana、私の会議に赤んじりを追加します" と言います。

通話に連絡先を追加する

会議室デバイスからMicrosoft Teamsを行う 

Microsoft Teams 会議室でタッチレス通話を行う場合は、"Cortana、555-222-3333 に電話してください" と言います。  または "Cortana、 を呼び出します。

連絡先を呼び出す (香港)


通話が終了したら、「通話を終了Cortana」と言えます。 

終わりの呼び出しを開始する

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Office Insider に参加

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×